インフラエンジニアとは広い意味において、ITに関するインフラ整備に携わる技術者ということになります。例えばサーバを導入し企業における社内システムを構築するためのインフラを整備するものとなります。その機器を調達したり、必要となるシステム開発の手配をしたり、その導入と運用に至る手助けをするのもインフラエンジニアの仕事です。けれども求人募集において求められる人材となると、そのシステム開発を行うためのコーディングまで自分でできる技術を持つエンジニアとなります。またそれだけのスキルを持つことになれば仕事の幅が劇的に広がるために、やり甲斐も増すと共にスキルも高まることになります。

そしてインフラに関する業務を行う企業はそれほど多くは無く、かと言って新規参入するにはかなり敷居が高いものです。逆に言うと、スキルアップのための転職はそう簡単には行えないものとなりますが、積み上げてきたスキルは長く活かせるものとなります。またITインフラは常に必要とされるものなので、インフラエンジニアの求人は絶えることが無いとも見られています。そのような環境の中で重要な業務に携わり、スキルを磨き続けていける点においてもやり甲斐があるものと言えます。特に細分化されたITエンジニアの仕事に慣れた世代にとっては、このようなオールマイティなスキルを身につけることは難しいものである反面、やり甲斐を持って取り組むことができるものです。