現代社会における多くのインフラとなるシステムは情報技術によって構築されており、特にネットワークやサーバーがその主要な役割を果たすものです。そのため、インフラエンジニアが担う仕事はそういったシステムの設計や導入、維持や管理といった仕事であり、システムが正常に動作している状態を保持するために欠かせない人材として情報システムが運用されている企業では必ず求人がなされています。特に維持や管理を行う人材は一つのシステムに付き一人以上の人材が必要になることが多く、どんな企業においても情報システムを利用している限りは専門職となるエンジニアを抱えています。そうすることによってシステムの障害発生による業務の停滞を未然に防ぎ、障害発生時には速やかに復旧が行えるように対処しているのです。

企業によってはこういった維持や管理の業務を外部委託することも多く、インフラを担うエンジニアを多数抱えている企業がシステムの管理会社として活躍するようになってきています。そうすることによってインフラエンジニアによるシステムの監視を効率化することができるとともに、求人の際にしばしば困難を伴う適材の獲得の懸念をすることなくインフラの維持が実現されるようになっているのです。こういった形が広まってきたことによってインフラエンジニアの求人募集も専門企業と一般企業の双方から行われるようになり、望む仕事への携わり方によって選べるようになっています。